セミナーですること

 セミナーでは、レイキの歴史や色々な知識を学びます。気功との違いも分かりやすく教えています。この座学をきちんと学ぶ事で、レイキのことをしっかりと説明できるようになります。

 

座学以上に大切にしているのが実習です。前期セミナー、レベル1では、実際に手を当てて相手の病腺(ヒビキ)を感じたり、座った状態での手の当て方を学んだり、あらゆる状況に応じた手の当て方を勉強します。

 

後期セミナー、レベル2では、遠隔レイキのやり方や心の悪い癖を直す性癖治療のやり方を学びます。これを学ぶことで、遠くの相手にもレイキを送ることができるようになり、自分や周りの人の心のセラピーも出来るようになるので、レイキの世界がグッと広がります。

 

分からないところや気になることがあれば、その場でしっかりとお答えして解決するのでご安心くださいね!

 

座学、実習の他に、靈授(直傳靈氣)、アチューメント(西洋レイキ)を行ってもらうことで、エネルギーの筒をお掃除して、本来のレイキの流れを取り戻します。

 

この靈授、アチューメントを受けることでレイキが使えるようになるのです。

 

セミナーを受ければレイキができるようになる

 レイキは誰の身体にも流れています。靈授、アチューメントを受けてエネルギーのパイプをお掃除し、その流れを元に戻すことで、習ったその日からレイキが使えるようになります。

 

レイキができるようになるとどうなるか?

 毎日の生活の中でレイキが使えるようになると、良いことがたくさんあります。

 まず、一番は自分の怪我や病気が治癒していくこと、そして、周囲の人や家族、友人、ペットなどの心と身体を元気にしてあげられることです。

 

さらに、病気や怪我が治癒するだけではなく、自己治癒力や代謝、免疫力がアップしていくので、風邪をひきにくくなったり、病気や怪我の回復が早かったり、さまざまな症状を未然に防ぐことが出来るようになっていきます。

 

また、遠隔レイキができるようになることで、遠く離れた家族や友人などを元気にしてあげることもでき、自分自身の手が届かない部分へのヒーリングも可能になります。

 

心の面に対しても、長い時間をかけていけば効果が現れていきます。これは、自分にも周りの人にも行うことができるので、セルフケアの一環として、メンタルの問題や疲れ、心の悪いクセや習慣を直すことが可能です。

 

レイキを日々実践していけば、身体の不調を改善しているようでいて、実は心、要は自分の軸が整っていきます。ブレない自分、地にしっかりと足のついた自分になっていきます。

 

レイキは、身体が元気になるだけではなく心も元気になっていくので、どんどん自分が整っていきます。